起業を目指す凡人の書評ブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

起業を目指す凡人の書評ブログ

起業に役立つビジネス書の書評ブログです。

3時間で5年分の起業ノウハウを学べる!~【成功者の告白】書評

f:id:tesshi-f325:20170514100351j:plain

『成功者の告白』神田昌典

今のような変化が激しい時代、安定を求めるというのは会社に依存することではない。安定とは、自分で自分の人生を切り開く能力に比例する。でも、多くの人は他人が引いたレールの上を走ることばかりに忙しくなって、自分でレールを敷く勇気を失っている。

本書は、『5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語』という副題のとおり、著者の知識、戦略構築、マーケティング、セールス、マネジメント、コーチング等々、あらゆるエッセンスを1冊に凝縮したものです。

 

形式としては、犬養ターボのような、起業小説なのですが、普通の起業小説と異なるところは、簡単にハッピーエンドでは終わらないという事。


大抵の起業小説は、主人公が起業を志し、途中で挫折を味わいながらも、師匠からのアドバイスを受けて、最後にビジネスで成功する、というものが大半です。

 

しかし、本書の場合、ビジネスで成功するのは、まだ序章。
その後、家庭環境、社内の人間関係、成長する会社での問題発生など、様々な困難が主人公を襲います。
起業して、ビジネスが軌道に乗るのがゴールではない、その後にも、同様の試練が待ち受けているのだと、本書から学べました。

 

本書の知識は、著者の他に出版している書籍のものと内容が被るものもあります。
しかし、起業知識やマインドなど、物語形式のほうが理解度も深まり、相乗効果的にいい影響を与えてくれると感じているので、本書以外の本を読んだ人でも、本書はお勧めできるものです。

 

それでは、本書から学んだもので、印象に残った部分を書いていきたいと思います。

成功も、失敗も、ある程度パターン化されている

大きな成功を実現していく過程では、確実に障害が降りかかる。…私は単なる精神的な戒めとしていっているのではない。これは事実なのだ。

著者は、コンサルタントとして、多くの会社の成長を見てきたし、自身も起業家として成長する過程で、多くの障害が待ち受けていました。
これらは、偶発的に起こった悲劇などではなく、ほとんどの場合、同じパターンで障害にぶつかる。

 

これらのパターンを知ることは、それぞれの独自性を見逃すリスクがあるものの、知らないで翻弄されるリスクのほうが、より大きい。
そのため、本書では、様々な障害が主人公を襲う。


これらを知ることで、自分の身に障害が降りかかったときのため、心構えや用意ができるのだと著者は説明しています。

マーフィーの法則 潜在意識で考えていることが現実になる

潜在意識は、意識する心とは異なり、思考することも言い争うこともない、いわば土壌のようなもの。

 

だからこそ、否定的・破壊的な考え方をしていれば、潜在意識の中で否定的に働き続ける。
逆に、ポジティブな考えをしているとすれば、潜在意識の中でいい方向に働き始める。
そして、潜在意識の考えに応じて、外的経験となって芽を出すことになる。

 

要は、潜在意識で考えていることが、現実として起きてしまうという事です。


例えば、ネガティブな考えをしていることで、積極性や仕事に対する姿勢が悪くなり、その結果仕事での失敗といった行動として現れる。
という事なのだろうと思います。

 

マザーテレサの有名な名言と同じようなことですかね。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。
       マザー・テレサ

ビジネスと家庭とは密接に関連している

本書では、主人公の立ち上げた会社が成長すればするほど、子育てに専念する妻との確執が生じます。

 

本書の言葉を引用すると、

人間が集まると感情の場を作る。…まるでエレベーターが上がるとき、おもりが下がってバランスを取るようなものだ。…そのスピードの出しすぎを抑えるかのように、マイナス思考になる人間が出てくる。

という事です。

 

自分の仕事が上手くいけばいくほど、夫婦で確執が起きる。

ちょっとイメージ出来ないかもしれませんが、夫と妻の関係を逆にすれば分かりやすいですよね。


自分(夫)が失業中とか、上手くいっていないときに、妻が事業や仕事で成功していく。
こうなったときに、素直に妻の成功を喜べるかというと、実際そうするのは難しいだろうと思います。
どうしても、嫉妬や自分への絶望など、マイナス思考になってしまうことも当然あるでしょう。

 

だからこそ、仕事と家庭、そのバランスを取ることが重要になる。

クレームの質が変化している

クレームというと、どういったことを顧客から指摘されると思うでしょうか。
商品の質が悪いとか、説明書が分かりにくいだとか、そういったものを思い浮かべるかもしれません。
しかし、今は『自分を大切に扱わなかった』という怒りから、クレームに発展することが多いようです。

 

こうした、自分を大切に扱ってほしいとクレームの電話を掛けてきた人に、いかにもマニュアル的な対応をしてしまうと、おざなりにされたと感じて、さらに怒りの感情を爆発させる。


その結果、相手を精神的に傷つけるようなクレームを、ぶつけてくる。
怒りをぶつけられた職員は、当然負の感情を蓄積させていき、悪い循環が生まれてしまう。

 

これを改善するためには、何が必要なのか。

 

これには4つのステップが必要になり、

①クレーム=自分の会社の事を熱心に考えてくれている、と考える。
クレーマー=自分の会社のファンと考え、相手に感謝し、ねぎらいの言葉をかける。

②相手の怒りをすべて聞き出す
怒りを吐き出しているときは、決して途中で口を差さない。口を挟むと、相手は自分が否定されたと感じてしまう。

③ある程度聞いたら、怒りをすべて出し尽くしたか、確認する
『そのほかに、ございますか?』と、相手の怒りの感情、エネルギーを空っぽにする。

④『どのようになればご満足でしょうか』
『どのようになれば、ご納得いただけるでしょうか』という文言は、自社が非を認め、相手から譲歩を引き出そうとしているかのように聞こえてしまう。
それに対し、『どのようになれば、ご満足でしょうか』と尋ねれば、相手は満足できる状況を具体的にイメージする

 

①~④、ここまで丁寧に対応すれば、自分を大切に扱ってほしいというクレームには、対処できるようになると。

まとめ

さて、本書『成功者の告白』は、かなり面白いです。
成功小説は多く読んできましたが、物語的に一番好きな本なんですよね。

 

本書では、ビジネス面で直接役に立つようなエッセンスも多く散りばめられているのですが、それは他の書籍で紹介したものも多くあったので、今回は割愛しました。

 

神田昌典も犬飼ターボも、起業知識や考え方を、本を読むことによって、暗記ではなく潜在意識にすり込めると思っています。
また、ストーリーが面白ければ、何度読み返しても苦ではありませんし。

 

本は、読んだ回数分だけの学びがあると考えているので、勉強になった本、好きな本は結構繰り返し見返すようにしています。